So-net無料ブログ作成

債務整理すると

実際に債務整理するとどうなるのかを実体験でお話します。



借金がかさみ、どうにもならなくなった場合に打つ手が
債務整理です。よく債務整理と自己破産を別に考えている方がいますが、
自己破産とは債務整理の中の一つの手段です。

債務整理とはその名の通り、債務を整理することですから
その中に自己破産、個人再生、任意整理、特定調停があります。
何が違うのかというと、、、

自己破産


まず自己破産ですが、現在ある借金を全て処分します。
返済することができない状況に陥ったことを裁判所で認められれば免責となり、借金を返す必要がなくなります。ただし資産がある場合は没収されます。

個人再生


個人再生はまず借金を減額してから、その借金を3年で返済していく方法です。
住宅などの資産を残したまま整理することができます。

任意再生


任意整理は個人での訴えを受け入れる金融機関はまずありませんので、弁護士や司法書士などがあなたに代わって交渉します。

借金の減額、分割での支払いなどを要求しますが、最近では過払い金の請求も併せてする場合が多いです。借金の総額が減りますし、月々の返済金額も少なくなり完済を目指します。

特定調停


特定調停は裁判所で調停委員(第三者)を間に置き、債権者と交渉します。
任意整理と違い、本人によって行えますが、充分な準備や知識が必要です。

それぞれ現在の債務や収入の状況によってベストな方法が違ってきますので、迷う場合は弁護士などの無料相談を利用すると良いでしょう。

以上4つが債務整理の手段なのですが、
中でもオススメなのが任意再生です。

私も任意再生で債務整理したのですが、任意再生のメリットについて
お話します。

債務整理のメリット


まず債務整理のメリットからお話します。
債務整理の一番のメリットは返済に追われる日々から脱出できることです。
返済の催促電話や手紙が来る度に胃がキリキリする思いは
なるべくなら経験したくないですよね。
債務整理をすることで催促の電話や手紙は来なくなりますので、
精神的な安定が戻ります。

任意再生のメリット


私も行った任意再生ですが、メリットとしては自己破産や個人再生のように
官報(国が発行している機関誌。特定の人間しか見ない)に載ることもありませんので、
一般の人に知られることも少ないです(家族にも知られることはありません)
裁判所を通さずに和解をしますので、債務者の負担が軽く済みます。

また過払い金が発生している場合は、回収することができますので、
長い間返済を続けていた人などは、借金が無くなる場合もあります。
(最近よく弁護士事務所のCMで過払い金のことが流れていますよね)

任意再生のデメリット


自己破産に比べてメリットの多い任意再生ですが、
デメリットはもちろんあります。
それは信用情報に債務整理の情報が載ることで
あらゆるローン、クレジットカードが作れなくなります。
最近では携帯電話の割賦購入もできなくなります。

ただ、これは一生続くわけでなく、人によって変わりますが、
5~7年で信用情報から債務整理の情報が消えて、
まっさらな状態に戻ります。
私の場合は5年で戻りました(わざわざ信用情報会社に
出向いていって確認したぐらいです)

借金のことで頭がいっぱい、夜も眠れない、携帯の電源を入れたくない等の
悩みから解放してくれるのが債務整理です。
債務整理をすると今まで悩んでいたのが何だったのだろうと
思うぐらい気持が楽になります。

債務整理するかしないかで悩んでいる方はぜひ債務整理する方向で
考えてみてくださいね。精神的に楽になりますから。


↓短期間にお金が必要な方はこちらがオススメ↓ HIGHかLOWか予想する取引
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:マネー
ランキングに参加中です。
押して頂けるとブログを続けていくヤル気が湧いてきます↑ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © カードローンNAVI All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...